ベビーシッターとして働く際には

保育に関わる仕事には、保育士、幼稚園教諭、ベビーシッター等があります。

保育士や幼稚園教諭は資格、免許がいりますが、ベビーシッターは公的に必要とされる資格は特にありません。

ベビーシッターはかなり有益な情報が揃っています。

無資格でも働くことが可能です。

ベビーシッターとして働く場合、普通はシッター派遣を行っている会社に登録し、勤務希望条件と合致する依頼が来た時に紹介をうけて依頼家庭を訪問するという形をとります。
未経験、無資格で登録可能な会社がほとんどですが、保育士資格や幼稚園教諭免許所有者は優遇されます。
資格がなくても働くことはできますが、乳児から幼児、低学年の児童を預かる仕事です。


いわば大切なお子さんの命を預かっているということになります。乳児は突然体調を崩すことがありますし、幼児や児童は予測しない行動にでて危険な目にあうという可能性もあります。
その際に保育に関する知識や子育て経験がなければ対応に戸惑うことになります。


ベビーシッターをとして働こうと考えるなら、やはりきちんと学び、最低限の知識と技術は身に着けておくべきです。

NAVERまとめがどんなものかご存知ですか。

保育関連の資格を取得しておらず、子育ても未経験の場合は、民間資格がありますのでその取得をひとつの目標として学ぶのもいいでしょう。


民間資格の中では、公益社団法人全国保育サービス協会主催の認定ベビーシッター資格が最も知名度があります。



取得するには、協会が行う研修を受講して試験に合格する必要があります。
また実務経験が必要ですので、働きながら取得を目指すといいでしょう。